買わない方が良い果物

スーパーで買うときに注意したい果物がある

スーパーに行くと、入り口を入った瞬間に色とりどりの果物達がお迎えしてくれる店が多いです。現在ではコンビニでも生の果物が売られるようになっています。果物は体の調整に役立つビタミン類の宝庫、さらには食物繊維も含まれているので、毎日の食事に一品は入れて頂きたい食品です。
しかし、果物の中にも安全が疑問視されているものがあります。これは果物自体が危険というわけではなく、果物に使われている「防カビ剤」というものが問題です。

防カビ剤とは

防カビ剤
防カビ剤とは、その名の通りカビの発生と増殖を防ぐ効果を持つ薬剤の事をいいます。そう、薬が使われています。実はスーパー等で売られている果物には防カビ剤という薬が使われているものがあるのです。もちろん全てではありませんが。
防カビ剤自体は、果物のカビを防いで長持ちさせてくれる効果があるわけですが、安全性は疑問視されています。中には、発がん性や毒性があるとの報告もあります。
この記事では防カビ剤が使われている果物の中でも、栄養士視点で買わない方が良いという果物を以下にご紹介します。

買わないほうが良い果物①オレンジ

オレンジ
スーパー等に置いてあるオレンジの多くは外国産です。主にアメリカ、オーストラリア、南アフリカ、メキシコ、ニュージーランド(※2014年調べ)といった国から輸入されています。オレンジは船に乗せて数週間かけて運ばれてきます。果物はあくまで生の状態なので数週間も船に揺られていたら確実にカビが繁殖します。これを防ぐ為に、オレンジにはオルトフェニルフェノール(OPP)、オルトフェニルフェノールーナトリウム(opp-Na)、チアベンダゾール(TBZ)、イマザリル、ジフェニル(DP)という名前の防カビ剤が使用されます。
スーパーに置いてあるオレンジってツヤツヤで美味しそうですよね。でもそれが数週間前に収穫されたものであることを考えると防カビ剤の効果はすごいですね。

買わないほうが良い果物②レモン

レモン
レモンもオレンジと同じく、外国産のものが多くスーパーに置かれています。主な輸入先はアメリカ、チリ、ニュージーランド、南アフリカ、トルコ(※2014年調べ)とされています。レモンにもオレンジ同様オルトフェニルフェノール(opp)、イマザリルといった防カビ剤が使用されています。

買わないほうが良い果物③グレープフルーツ

グレープフルーツ
柑橘系が続きますがグレープフルーツも同様に、やめた方が無難です。外国産グレープフルーツにはオルトフェニルフェノールナトリウム(opp-Na)が使われており、この防カビ剤は発がん性が指摘されています。また、皮だけでなく果肉にも含まれてしまっています。

防カビ剤の人体への影響

■発がん性
■おなかの子供に先天性障害をもたらす毒性
■肝臓への悪影響

こんな影響があるのに、日本人は知らない人が多いです。本当は防カビ剤を使用している果物はしっかりと食品表示をする必要性があるはずですが、日本はそのあたりが厳しくありません。店頭で「バラ売り」するものに関しては表示義務がないからです。それでも、バラ売りの中でもイマザリル、オルトフェニルフェノール、ジフェニル、チアベンダゾール、フルジオキソニルという防カビ剤については表示義務があります。つまり、これらは毒性が強いという事でしょう。

外国産果物に注意!日本産を買うようにしよう

日本産
読まれた方はお分かりでしょうが、ご紹介した買わないほうが良い果物ものはすべて外国産です。外国から輸入するとなると時間がかかるためどうしても防カビ剤を使います。特に今回ご紹介した柑橘系、そしてバナナにも使用されています。
できれば国産の果物を買いましょう。外国産は価格もお手ごろなのでついつい買ってしまいがちですが、安全性で言えば、ダントツで国産の果物の方が安全です。輸送するのに時間がかからないので、強力な防カビ剤を使う必要がありません。
ちなみにオレンジは広島県、静岡県、和歌山県等で生産されていますし、レモンは愛媛県や広島県が有名な産地です。外国産よりも値段が張りますが、お財布に余裕がある方は健康の為にも国産に切り替えて頂きたいです。

特に妊婦は外国産果物は食べないようにしよう

妊婦と子供
特に妊婦の方は今回ご紹介した、外国産オレンジ、レモン、グレープフルーツ(できればバナナも)は食べるのを控えて下さい。妊娠期はお腹の子供の体が形成される大事な時期です。その大事な時期に防カビ剤が入ったフルーツを食べるべきではありません。特にチアベンダゾール(TBZ)という防カビ剤には子供に先天性障害をもたらす毒性が確認されています。
「皮をむけば大丈夫」と言う人もいますが、必ずしも安全ではありません。防カビ剤は皮からだけでなく、果肉からも見つかっています。「赤ちゃんの体はお母さんが食べたものから出来ている」これを忘れないで下さい。

まとめ

・買わない方が良い果物は外国産オレンジ、レモン、グレープフルーツ。
・外国産果物は使われている防カビ剤が問題。人体への影響も
・国産の果物を買うようにしましょう。
・妊婦は特に外国産果物を食べないようにしましょう