「植物性乳酸菌ってどんな食べ物に含まれているの?」

このページはそんな疑問を持つ人に向けて管理栄養士が作成しています。

健康パワーを持つとして広く知られるようになった乳酸菌。

中でもより健康パワーが強いといわれているのが『植物性乳酸菌』です。

しかし、この植物性乳酸菌がどんな食べ物に含まれているのか知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、このページでは植物性乳酸菌が含まれる管理栄養士おすすめ食品をご紹介していきます。

また植物性乳酸菌がどんなものかも合わせて紹介していきますので、乳酸菌に興味がある方はぜひ一読ください。


スポンサーリンク




そもそも植物性乳酸菌ってどんなもの?

まず、植物性乳酸菌がどんなものかをご紹介しておきます。

植物性乳酸菌とは名前にもある通り、『植物由来』の乳酸菌のことをいいます。

「ちょっと待って、乳酸菌って何?」という方のために乳酸菌について簡単に解説しておきますね。

乳酸菌というのは私たちの腸に住んでいる『腸内細菌』の一種です。

もう少し具体的にいうと、腸内細菌の中でも『善玉菌』に分類されます。

私たちのカラダには『日和見菌』『善玉菌』『悪玉菌』という腸内細菌が住んでおり、それぞれがバランスを取り合いながら腸内環境を作り出しています。

この中でも、善玉菌が多く活躍することで腸内環境が良くなり、スッキリとした生活を送りやすくなるのです。

ただ、一口に乳酸菌といっても様々な種類が存在しており、大きくは『動物性乳酸菌』『植物性乳酸菌』に分けることができます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌を『動物性乳酸菌』、植物が発酵する過程でうまれるのが『植物性乳酸菌』です。

ともに乳酸菌であることに変わりはありませんが、より腸内環境の改善に良いと考えられているのが『植物性乳酸菌』なのです。

植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすい

植物性乳酸菌の健康パワーが強い最大の理由は、『生きたまま腸に届きやすい』という点です。

乳酸菌がカラダの中からスッキリとしたカラダ作りに役立つ事は知っている人も多いでしょう。

しかし、乳酸菌にも種類があってそれぞれの働きは異なります。

植物性乳酸菌はそんな乳酸菌の中でも強いパワーをそなえている乳酸菌といわれています。

これは植物性乳酸菌が胃酸に強いという性質を持つためです。

私たちの胃酸は強い酸性であり、食べたものを分解するために働きます。

栄養素吸収しやすくするために必要な事ではありますが、乳酸菌などの善玉菌には過酷な環境のため、腸に届く前に死んでしまいやすいのです。

これらの性質を考えると、乳酸菌を摂取する上では胃酸に強い植物性乳酸菌を摂取するほうが効率が良いと考えられます。

死菌がダメということではない

「じゃあヨーグルトの乳酸菌は意味ないってこと?」と思うかもしれませんが、そうではありません。

ヨーグルト等に含まれる胃酸で死滅する菌のことを「死菌」いいますが、近年の研究では『死菌』であっても腸内環境の改善に役立つとの見解もあるため、死菌だから摂っても意味がないとは言い切れないのです。

植物性乳酸菌が摂れるおすすめ食品3選

では、植物性乳酸菌をどのように摂取すれば良いのでしょう。個人的におススメする食品を3つご紹介していきます。

すんき

すんき漬けの効果
『すんき漬け』という食べ物をご存じでしょうか。

すんき漬けとは、赤かぶの葉を乳酸発酵させて作くる漬物のことです。特に長野県の木曽地域で保存食として用いられてきた歴史があります。

このすんき漬けには近年発見された「TUA4408L」という植物性乳酸菌が含まれており、地元の健康食材として愛されています。

東京農業大学の岡田早苗教授の調査によると、すんき漬けに含まれる乳酸菌にはアレルギー症状の緩和や感染症の予防に役立つとされています。

また、本来のすんき漬けは塩や酢、醤油などを使わずに作られるため、漬物で気をつけなければならない塩分を気にする必要がありません。

さらに植物性乳酸菌の他にも、腸内環境の改善に役立つ食物繊維を摂取できるというメリットがあります。

ただ、長野県民ならともかく、ほかの地域ですんき漬けを手軽に入手のは難しいかもしれませんね。

現在インターネットでも販売されているようですので、食事に取り入れたいという方は検索してみて下さい。(ネット販売されているものは塩を使っているものもあるようなのでご注意を)

キムチ

キムチの植物性乳酸菌
スーパーなどでよく見かけるキムチには「Pペントサセウス』という植物性乳酸菌が含まれています。

キムチはコストパフォーマンスにも優れており、何より先に紹介したすんき漬けよりも手に入れやすい食品です。

しかし、塩分も高くなっているので付け合せ程度に考え、摂りすぎないようにしなければなりません。

味噌

味噌の植物性乳酸菌
日本人が昔から摂取してきた『味噌』にも植物性乳酸菌が含まれています。

多くの人がご存知とは思いますが、味噌は大豆を発酵させて作ります。

この大豆の発酵過程で植物性乳酸菌が生まれるのです。

しかし味噌といっても調理法にポイントがあります。それは加熱しないことです。

多くの菌は熱に弱く、植物性乳酸菌に関しても加熱によって死滅してしまうと考えられます。

したがって植物性乳酸菌を摂取するという目的であれば、大根おろしに混ぜて食べたり、野菜と一緒に和え物にして食べることをおススメします。

漬物が苦手ならサプリメントの利用も

先に紹介したように乳酸菌は漬物などの発酵食品に含まれる傾向にあります。

しかし中には「漬物とか発酵食品って苦手」という人もいるでしょう。

そんな方が植物性乳酸菌を摂りたいならサプリメントの利用を考えても良いかもしれません。

サプリメントであれば植物性乳酸菌をピンポイントで摂ることができますし、発酵食品を嫌々食べることもありません。

ただし、サプリメントはあくまで食事のサポート役ですから頼り過ぎないように普段の食生活から改善することをおススメします。


スポンサーリンク