砂糖不使用・ゼロカロリーの真実
ダイエットをする人や、体重管理をする人の中には『ゼロカロリー食品』を取り入れている人も多いと思います。

ジュースやゼリーなど、甘いのにカロリーがゼロというのは消費者にとって魅力的にうつるでしょう。

しかし消費者の中にはこの『カロリーゼロ』の表示について誤って認識している人が少なくありません。

これはカロリーゼロに限った話ではなく、コレステロールゼロや砂糖不使用といった表示についても勘違いしている方が結構います。

よってこのページではこれら食品の『強調表示』について、気を付けたい点を含めてご紹介していきます。

私たちの身の回りにある食品の表示はどうなっているのか、ぜひ知っておきましょう。

ゼロカロリーと書いてあってもカロリーはある

食品の表示にゼロカロリーと記載されていた場合、『カロリーがまったくないんだ』とに認識する人は多いでしょう。

しかし、実際にはカロリーが完全にゼロでなくても『カロリーゼロ』と表示することができるのです。

具体的には100g(飲料の場合は100ml)あたり5kcal未満であれば『カロリーゼロ』と表示することが可能になっているのです。

5kcal未満なのでほぼ気にならない数値ではあるでしょうが、厳密にはカロリーが存在しているということです。

実はこのような例は他にも存在します。

『シュガーレス』『ノンシュガー』『無糖』の表示

ゼロカロリーと同じく、シュガーレスやノンシュガー、無糖という糖分に関する表示もよく見かけますよね。
このあたりの表示は紛らわしいと感じている人もいるかもしれませんが、厳密にいうとこれらの表示も糖類が全く入っていなくても表示可能です。

具体的には、製品に含まれる砂糖や、果糖、乳糖などの糖類の含有量が100g(飲料の場合は100ml)あたり0.5g未満であればシュガーレスやノンシュガーといった表示することができます。

あまり問題にはならない量かもしれませんが、実際に入っていても表示はできるのです。

強調表示の基準

これまでご紹介してきた表示に関する規定は、カロリーや糖類に限った話ではありません。脂質、飽和脂肪酸、コレステロールなどに用いられています。

『~ゼロ』や『レス』『フリー』『低~』『ひかえめ』『ライト』『オフ』といった食品表示にはすべて基準が設定されているのです。

以下に農林水産省のHPを参考に強調表示の基準をまとめてみたので参考にしてみて下さい。

『ゼロ』、『ノン』『レス』『フリー』の基準

栄養成分 食品100gあたり 飲料100mlあたり
カロリー 5kcal未満 5kcal未満
糖類 0.5g未満 0.5g未満
脂質 0.5g未満 0.5g未満
コレステロール 5mg未満 5mg未満
飽和脂肪酸 0.1g未満 0.1g未満

『ひかえめ』『低』『少』『ライト』『オフ』『ダイエット』の基準

栄養成分 食品100gあたり 飲料100mlあたり
カロリー 40kcal未満 20kcal未満
糖類 5g未満 5g未満
脂質 3g未満 1.5g未満
コレステロール 20mg未満 10mg未満
飽和脂肪酸 1.5g未満 0.75g未満

気を付けたい表示例

冒頭に紹介したノンシュガーやゼロカロリーは、消費者が勘違いしやすいものの、かなり少ない数値であるためさほど気にならないかもしれません。

しかし、個人的に気を付けて欲しい表示があります。

たとえば『甘さひかえめ』『うす塩味』といった表示。これは『味覚』に関しての表示であって、ノンシュガーのように必ずしも糖類が少ないことや塩分が少ないことを意味しているわけではないので注意が必要です

さらに『○○不使用』『○○無添加』といった表示にもご注意。
『砂糖不使用』と書かれたクッキーなどの食品を「砂糖が入っていないクッキーなんだ♪」と喜んで買っている人がいますが、砂糖が入っていないわけではありません。

この砂糖不使用という表示は『食品を加工するときに砂糖(ショ糖)を使っていない』という意味であって、砂糖が含まれていないという意味ではありません。

加工時に砂糖を使っていなくても、素材自体に砂糖が含まれていることはあります。

気になる人は栄養成分表示をチェック!

強調表示によって消費者の中には勘違いしてしまっている方が多くいるように思います。

ゼロカロリー表示等に関してはそこまで問題にならないかもしれません。しかし、持病をもっている方で、塩分量など特定の成分に制限がある人は注意するべきです。

強調表示だけを見て食品を摂取していた場合、制限量をオーバーする可能性もあります。

よって、特定の成分に制限のある方はパッケージに記載されている『栄養成分表示』を必ず確認するようした方が良いでしょう。

※栄養成分表示には熱量(カロリー)、タンパク質、炭水化物、脂質、食塩相当量などの記載がされています。