日本人に愛される料理、『カレー』。

現在では一般的な家庭料理として普及したカレーですが、実はカレーには認知症予防に役立つ可能性のある成分が含まれていることをご存知でしょうか。

このページでは、そんなカレーが認知症を予防する可能性についてご管理栄養士が紹介していきます。


スポンサーリンク




認知症とは

認知症とは、様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなることで日常生活に支障がでる状態を指します。
特に多いのは、脳の神経細胞が徐々に死んでしまうアルツハイマー型認知症や前頭・側頭型認知症、レビー小体病などです。
これらは「変性疾患」といわれ、『アミロイドβ』というタンパク質(脳にできるシミのようなもの)が蓄積することで脳が委縮していくことが分かっています。

カレーのクルクミンが認知症予防に

カレーが認知症に効果ある
近年の研究でカレーに含まれる『クルクミン』が認知症予防に役立つ可能性があるという報告があります。

クルクミンとは、一般的にカレーのスパイスとして使われる『ウコン(ターメリック)』に含まれている成分で、ターメリックの黄色のもととなる色素成分のことです。一般的にはポリフェノールの一種として知られています。

作用としては、カラダの老化の要因となる『活性酸素』を除去してくれる働きをもちます。いわゆる『抗酸化作用』です。

2015年、金沢大学の山田正仁教授の研究チームによって、このクルクミンがアルツハイマー型認知症の予防に役立つ可能性が報告されています。

研究チームは、試験管内にアルツハイマーの病変を再現。そこにクルクミンを加えたところ、先に紹介したアミロイドβが結合して固まるのを抑制する働きが確認されています。

またマウスの実験でも、アルツハイマー型認知症のマウスにクルクミンを摂取させたところ、アミロイドβタンパクのかたまりができにくいことが確認されているのです。

ヒトへの有効性が認められたわけではありませんが、認知症の予防により

クルクミンで期待できるその他の効果

この他にもクルクミンには様々な効果が報告されています。
薬のようにヒトへの有効性が十分に認められているわけではないですが、参考になれば幸いです。

クルクミンは、うつ病にも効果が期待

クルクミンで効果が期待されるのは、認知症だけではありません。実はうつ病にも効果が期待されます。

2015年8月までの調査では、クルクミンの摂取がうつ病の症状を減少させることと関連があるという報告があります。

参考文献:The Role of Curcumin Administration in Patients with Major Depressive Disorder: Mini Meta-Analysis of Clinical Trials.

中性脂肪の悩みに

イランで、肥満の成人30人を対象を行われた比較試験(二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験)では、クルクミンを1日に1g、30日間摂取させたところ、血中の中性脂肪の低下が認められています。
ただし、1日1gはかなりの量ですから試験内容の量を日常的に摂るべきではありません。

参考文献:Effects of supplementation with curcuminoids on dyslipidemia in obese patients: a randomized crossover trial.

クルクミンの危険性

クルクミンの作用には色々ありますが、摂取する上での危険性が気になりますよね。

そこで次に過剰症等の危険性をご紹介しておきます。

国立栄養研究所のデータベースによれば、クルクミンで危険性が報告されているものには以下のようなものがあります。

・肝機能障害
・皮膚炎

これらはいずれも過剰摂取による危険性です。クルクミンの摂取許容量はJECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)で1日に体重1kgあたり3mgまでとされているので、サプリメントなどの濃縮物から摂取する場合は注意が必要でしょう。
しかし、カレーで摂取する場合であれば、週に一回程度食べる分には過剰症を気にする必要はありません。ただしカレー自体は脂質や塩分が高い食べ物なので何らかの持病を持っているなら食べすぎには注意してください。

まとめ

カレーの認知症予防効果の可能性についてご紹介しましたが、クルクミンの効果に関しては試験管およびマウス実験によるものでありヒトへの有効性が確約されているわけではありません。
したがってカレーを食べることが必ずしも認知症予防になるとは言い切ることは出来ませんが、カレーはクルクミンをはじめとして様々なスパイスの効果や栄養素を摂取できるので週に一回程度取り入れるのは良いと思います。ただし、ハイカロリーかつ高塩分な料理であることは変わりないので食べすぎにはご注意を。


スポンサーリンク