レンチンショウガの作り方
管理栄養士のタイゾーです。

今回はダイエットにおススメの「レンチンショウガ」の作り方をご紹介します。

名前の通りなんですが、ショウガをレンジでチンするだけで「脂肪燃焼効果がUPしたショウガ」になります。

なぜレンチンしたショウガを食べると痩せるのか

レンチンしただけなのに、なぜ脂肪燃焼が期待できるのでしょう?

それはショウガに含まれる成分の性質にあります。

多くの方が知っているとおり、ショウガはカラダを温める作用があります。カラダを温めるという事はつまり「代謝が上がる」という事です。

代謝が上がると、エネルギー消費が増え、脂肪が燃焼します。

しかし、ここで是非知っておいて欲しいのは、

ショウガは生より熱を加えた方が脂肪燃焼効果が上がるということです。

生のショウガに含まれるのが「ジンゲロール」。このジンゲロールが代謝を上げる効果があるのですが、ショウガに熱を加えるとジンゲロールが「ショウガオール」という成分に変わるのです。

ショウガオールはジンゲロールよりも脂肪燃焼効果が高い栄養素です。これが分かると、ショウガは温めて食べた方が効果的だという事がわかると思います。

カテキンと効果の違いは?

カテキン脂肪燃焼
カテキンも脂肪燃焼作用があると言われる成分ですが、ショウガオールの方が効果的との見方があります。

なぜなら、カテキン自体には脂肪燃焼作用があるわけではありません。カテキンを摂取して、「運動」をする事によって脂肪燃焼効果がアップするのがカテキンの作用。つまり、運動のサポートをするのがカテキンという事ですね。

一方、ショウガオールは、成分を摂取しただけで代謝が上がるという性質があります。つまり、カテキンほど運動をする必要がないという事です。(もちろん、運動もした方がより代謝は上がります。)

レンチンショウガの作り方

作り方は、ものすごく簡単ですが、加熱時間がポイントなので注意!適正な温度で加熱すると最大で33倍増えると言われます。

①生のショウガをすりおろす

②すりおろしたショウガを耐熱容器に入れ、ひたひたよりも多いくらいの水を入れる

③ラップをかぶせてをレンジに入れる

③500wで4分、750wで3分、加熱します。この加熱時間がポイントなので注意して下さい。加熱しすぎるとショウガオールがうまく増えません。

これだけで完成です。あとは、うどんや味噌汁、豆腐など自分の好きな食べ物と一緒に食べるだけでOKです!

注意!!水が少ないとレンジの中でショウガが破裂する危険があります。ひたひたよりも多く水を入れるようにして下さい。破裂するとカラカラのショウガになってしまいます。

レンチンショウガはその都度作って食べよう!

ここで、レンチンショウガの保存方法をご紹介します。

「レンチンショウガを大量に作って、冷蔵庫で保管」これはおススメできません。

レンチンショウガが冷めた場合、脂肪燃焼効果が無くなるとは言いませんが、脂肪燃焼効果は下がります。

なぜなら、レンチンショウガで増えたショウガオールは、冷めてしまうとジンゲロールに戻ってしまうからです。

つまり、レンチンショウガの作り置きはしない方が良いという事ですね。

しょうがは生のものを使おう

レンチンしょうがを作る為に使うしょうがですが、「しょうがパウダーでもいい?」「乾燥させたしょうがでもいい?」というお問合わせを頂いたので追記します。

結論をいうと、生のショウガを使って下さい。

しょうがパウダーや乾燥しょうがが悪いわけではありませんが、乾燥や粉末にする製造過程で多くの栄養成分が失活してしまいます。本来の成分を摂取する意味でも生のものを購入して作った方が良いでしょう。

チューブのショウガを使って良いのか?

チューブしょうがを使ってダメということはありませんが、できれば生のしょうがを使って下さい。

チューブしょうがでもジンゲロール、ショウガオールを摂取する事は可能でしょう。しかし、原材料を見て貰えばわかるように商品によっては添加物が使用されています。少量摂る分にはそこまで問題になるような事はありませんが、生のしょうがで作る余裕があるなら断然、生のしょうがから作る事をオススメします。

レンチンショウガの効果を最大限に引き出す為にも、その都度作って食べるようにしましょう!

ショウガココアでさらに代謝アップ!

しょうがココアの効果
以前、ショウガココアの作り方を紹介した事がありますが、しょうがはココアと一緒に摂ることで相乗効果が見込めます。

ショウガのショウガオール効果に加え、ココアに含まれる「カカオフラバノール」という成分が「血管を広げる作用」を持つので、より代謝が上がりやすくなるのです。

試して見たい方は、詳細を下記の記事で紹介していますのでご覧ください。

関連記事:ダイエットや冷え性に「しょうがココア」が効く2つの理由

妊婦は食べていいの?

「妊婦だけどレンチンショウガを食べていいの?」という質問を頂いたので解説しておきます。

妊娠すると食べ物に気をつかう人も多いと思いますが、基本的にレンチンショウガは妊婦が取り入れても問題ありません。

国立健康・栄養研究所のデータでもレンチンショウガの材料であるショウガは「妊婦でも安全である」としています。

ただ妊婦がダイエット目的にレンチンショウガを用いる場合は、主治医に相談するようにしてください。

妊婦の肥満は「妊娠糖尿病」につながる可能性もあるため注意しなければなりませんが、安易にダイエットをしてしまうと胎児の発育に影響しかねません。
したがって心配な人は主治医に相談するようにしてください。

参考データ:国立健康・栄養研究所 健康食品の安全性・有効性情報

ワーファリンを使っている人は注意

レンチンショウガを試してみようかな?と思っているひとで、ワーファリンという薬を服用している人は注意してください。

ワーファリンとは抗凝固薬のことで、血液を固まりにくくして、血管や心臓に血栓ができないようする薬です。
よく「血液をさらさらにする薬」という認識を持っているひとが多いですね。

国立健康・栄養研究所のデータでは、「慢性的にワーファリンを服用している女性(75歳)が治療目的でショウガを利用したところ、鼻血などの症状が出た」という報告があります。

したがって、日常的にワーファリンを服用している人は主治医に相談するようにしてください。

参考データ:国立健康・栄養研究所 健康食品の安全性・有効性情報

ショウガの栄養成分・効能

普段私達が食べているしょうがは「根しょうが」と言われるものです。ショウガは代謝を上げるだけでなく、食欲増進や殺菌・抗菌といった作用もあります。

しょうがの栄養価や、今回紹介してた内容以外の効能は下記ページで詳しく解説しています。合わせて読んで頂くとより理解が深まります。

■しょうが(生姜)の健康効果と栄養成分

まとめ

今回はレンチンショウガの作り方をご紹介しました。ショウガは加熱すると栄養効果がアップするというのは、知らない方が多いのではないでしょうか。レンジで温めるのも良いですが、鍋などにショウガを入れるのも効果的なので、「加熱」を意識してショウガを摂るようにしましょう。

あと、レンチンショウガだけを食べていれば確実に痩せるというわけではありません。

レンチンショウガ食べてるから~と油断して、暴飲暴食をしていればカロリーオーバーになり意味がありません。レンチンショウガ+適正カロリーを意識するようにして下さいね。


スポンサーリンク




この記事を読んだ方におススメの記事
■【栄養士が教える】冬のダイエットに効く食品5選

■朝食を抜くと太りやすい?「食事のリズムとタイミング」